Event is FINISHED

鼎談「老いのコミュニケーションデザイン」

Description
コミュニケーションとは何か、その魅力と未来に必要なコミュニケーションをどうデザインするのか、語り合う。

■ゲスト
平田 オリザ氏(劇作家・演出家)
菅原 直樹氏(俳優・介護福祉士)

■コーディネーター
山崎 亮(studio-L代表/社会福祉士)


■ゲスト
平田 オリザ
1962年東京生まれ。劇作家、演出家。 劇団「青年団」主宰、こまばアゴラ劇場芸術総監督、城崎国際アートセンター芸術監督。大阪大学特任教授、東京藝術大学特任教授。1995年『東京ノート』で岸田國士戯曲賞受賞。2011年フランス国文化省より芸術文化勲章シュヴァリエ受勲。近年は各国との国際共同製作作品を多数上演のほか、演劇の手法を用いた多様性理解・コミュニケーション教育に取り組み、各地の自治体・NPOとも連携してワークショップを実施。

菅原 直樹
1983年栃木生まれ。俳優、介護福祉士。桜美林大学文学部総合文化学科卒。「老いと演劇」OiBokkeShi主宰。劇団「青年団」に俳優として所属。2010年より特別養護老人ホームの介護職員として勤務。2012年、東日本大震災を機に岡山県に移住。認知症ケアに演劇的手法を活用した「老いと演劇のワークショップ」を全国各地で展開。超高齢社会の課題を「演劇」というユニークな切り口でアプローチするその活動は、演劇、福祉・介護のジャンルを越え多方面から注目を集める。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#415824 2019-03-06 06:57:27
More updates
Sun Mar 24, 2019
5:00 PM - 6:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
アーツ千代田3331 コミュニティスペース
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
東京都千代田区外神田6-11-14 Japan
Organizer
おいおい老い展 生き方・介護・福祉のデザインを考える5日間
876 Followers